目の疲れに効果的な裏ワザを伝授|サプリでお手軽健康法

笑顔の女の人

目を酷使しないように

レディーの目

クマに悩む

目元にクマができてしまうと見た目も悪いし老け顔に近づいてしまいます。そのクマには青色のクマや茶色のクマや黒色のクマなどがありますが、その中で青色のクマは目の疲れから引き起こす血行不良によってあらわれるものといわれています。最近では特に女性に多く青色の目のクマに悩まされていることがあり、スマートフォンやパソコンの画面を見すぎることで目の疲れを感じるようになってしまったり、その画面を夜遅くまで見ていて睡眠不足になったことから青クマができてしまうこともあります。改善の方法はそのスマートフォンやパソコンを見る画面の時間を少なくすることで改善されたりしますが、それまで時間がかかったりします。なるべく早くクマがなくなるようにするためには目を温めたり睡眠をしっかり取る、そのほかブルーベリーのような目に良い栄養素を摂取したりするなど目の疲れを改善させる方法を行なうことが必要です。

眠る前は画面を避ける

実はスマートフォンやパソコンなどの画面を眠る前に見てしまった場合、画面から目を離してから1時間は眠れないといわれています。画面の明るさによって目が覚めてしまい眠気を飛ばしてしまうのです。今の若い方は夜更け過ぎまでスマホやゲームに熱中する方も多いですが、そうなることで眠る時間を削ってしまい、睡眠不足につながるだけでなく目を酷使させてしまうようにもなります。そのため目の疲れを引き起こしてしまい、めまいがしたりドライアイとなってしまったりするなどの症状につながることもあります。なので、普段から目に栄養を与えることも大事ですができるだけ眠る1時間前はパソコンやスマート丼の画面を見ないようにすることが大事です。

Copyright© 2016 目の疲れに効果的な裏ワザを伝授|サプリでお手軽健康法 All Rights Reserved.